風俗業界におけるデリヘル、ホテヘルの現状

風俗部屋

最古

health

人類最古のビジネスは「売春」だと言われている。
もちろん、現代日本では売春が法律で禁止されているため、直接売春に関わる機会は少ない。
とはいえ、売春というものは、性的サービスの対価に金や金品、食料をもらうのが、一連の内容だ。
これを考えれば、性風俗サービスもほぼその流れは同じものだとわかる。
もちろん、サービス内容は全く異なるが、女性が男性に対し、「奉仕」する事によって生きる糧を得る、という点は同様である。

広告

世界最古の屋外広告は、トルコ「エフェソス遺跡」の娼館の広告だとされる。
娼館とはつまり現代の風俗店を指すが、そのサービス内容には若干の差異がある。
その広告は、床に男性大の足跡と「ハートマーク」というデザインのものである。
足後のマークは、左足であり「ここで足を止めて、左を見ろ」ということを表している。
対して、「ハートマーク」は「ここにいい女がいるぞ!」というアピールのためのものである。
現代の風俗広告と違い、文字は一切ないが、これは当時の識字率の低さのためと考えられている。

進化

hoteheru

その後、世界中で風俗産業は、その地域独自の発展を見せた。
例えば、日本では、江戸時代には「花魁」「大夫」等と言われる最高級遊女が登場した。
一説によると、花魁クラスと一晩床を共にするだけで、現代換算で1000万円クラスの金が、必要だったとされている。
ヨーロッパ圏では、「飾り窓」と言われるタイプの風俗スタイルが流行し、これは今でも変わらずヨーロッパ風俗の主流である。
その後、日本の風俗スタイルは特に細分化されるようになり、今では5兆円程度の経済規模があるとされている。
その中で、もっとも多くの割合を占めるのが、デリヘルである。



オススメリンク

日暮里で自分にぴったりな風俗を「ダイヤモンド」
岐阜で楽しめるデリヘル|ガール
風俗の口コミ情報を知りたいなら|フーゾクマスター
浅草のオススメ風俗情報を知りたいならこちら*風俗ワールド
風俗エステといえば:イマジン東京